クロエ・ルメール 心太  ネプテューヌ ぬえブログ 反撃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月3日(闇の日) そろそろ話すべき時のようです。 如何にして数ヶ月前に私が生き延びたのかを・・・ ~癌細胞は縮小、消滅する~

数ヶ月前のことを思い出して欲しい。

なぜ、私が現在も生きているのか・・・

それを話すべき時だと思いました。



あの日、私は知っての通り腹から複数の管を出した状態、つまりは瀕死の状態で血液をタンクに流しながら文章を打っていました。

スタッフルーム、病院の制御室のようなところらしいです。

本来は使用禁止であることは当然でしたが、最後の願いということで無理に使わせてもらった。

あの時は誰もが助からないと悟っていたのでしょう。

ですが、あれからすぐに緊急手術が行われて私は深い眠りに堕ちました。

記憶はありません。

闇に堕ちていく感覚、それが全てでもう二度と目を覚ますことはないはずでした。

しかし、あのような場所で死ねるはずがない。

なぜならば、誰ひとりと見舞い客などいない状態で死ぬなど悲しい。

それに対し怒りの感情で無理やり体を動かした、というわけです。

結果的に翌日には苦しい状態でしたが、強制的に帰ることを選んだのです。

Hさんに一番に助かったことを伝えるためにね。






ですが、ご覧の通りHさんは死亡しました。

つまりはせっかく無理に生存した意味がなかったということです。

それでは、医者から言われた言葉を再現しますが、病名も不明で原因も不明。

なぜ癌細胞がなくなったのかも不明。

何も教えてもらえなかったのと同じです。

イリノジェムの使用を勧められていたはずが、結局は使用せずに完治した。

抗がん剤など必要がないほど急に影が消え去った。

となれば、やはり気力と怒りの念が強かったということです。

生還後にベッドを殴って壊してしまいましたが大目に見てもらいましたよ。

癌細胞は小さくすることができても、完全に消すことは不可能と言われています。

しかし、私の場合は肺に何も白い影がなく消滅させることに成功しました。

生きる想いが勝ったということです。



病名が不明ということは、肺癌ではなかった?

その辺りがよく分からないのですが、癌細胞が存在すれば癌と呼ぶのではないのでしょうか。

とにかく不明な点が多く血痰も続いていましたが今では元気になりました。

あれから帰って原因不明と言われては何も書くことができないと記事更新を続けていたのです。

肺の痛みに耐えながら・・・

手術から数時間しか経っていないので麻酔が切れて縫い目が痛み暫くは辛かった。

何よりもHさんがいなくなったことが一番残念でした。

しかし、それは余計に私を生きさせる原因となりました。

怒りこそが己の力となり、気力へ変わる。

より強くなってしまったわけです。




内容も特にないのでもう書くことがありません。

これが生き延びることになった体験談であり、真実です。

理由なくして助かったようなもので、ある意味奇跡かもしれない。

精密検査で初めて胃カメラを飲みましたが、かなりキツくて苦しいものですね。


いったいどのような病気だったのか? 未だに謎な部分も多いのです。

ええと、いつの話だったっけ?(←お前が忘れちゃだめだろww)



スポンサーサイト

戦場へ 殺すか殺されるか・・・

本日は、いよいよ戦いの舞台へ向かうことになります。

私は新たな職場で他者に潰されないように威圧では負けないようにしようと考えているのです。

歯向かうならば、こちらから攻撃を仕掛けるつもりで逆らう者には容赦はしない。


なぜならば、これが生きるために必要なことだからです。

馴れ合いなど無用、己の目的を達成するまでは一人で十分。

4年前の想いは消され、今は修羅に身を貫くのみ。

あの時から現在までの屈辱を晴らすために他人は利用させてもらう。

私がそうされてきたようにな。


気に入らない人物は徹底的に精神を弱らせ殺す!

これが私の最大の楽しみであり、田舎にはこのような遊びしか存在しません。

もしも、外の世界である県外へ行くことができていれば私の人生も変わっていたことでしょう。

ですが、残念ながら夢は全て親により潰され、一人で生きることを余儀なくされているのです。


これからは、飼いならされながらの生活からの解放へ向けて戦っていきます。

いくら金があろうと、許可がおりなければ外出すら許されてはいない。

携帯電話には探知機がつけられ、どこへいるかも全て把握され、外出時は必ず監視の者がつくことになっています。

そろそろ自由になりたいものですが、なかなか死んでくれないんですよ。


仕方がないので、このように何もない村でいたずらを繰り返す遊びしかできません。

次は何をして村人を困らせてやろうかな。


外の世界がどうなっているのか知りたいだけなんだ。一生田舎で過ごすなんて嫌だ。


真の理を持って道を制す。全ての繋がりは何かしらの因果関係が関わっている。我が道理にはまたそれを呼び起こす力が備わっているということか。見るが良い、これが本来の大日孁貴神の底力よ。

何もかも諦めるには早すぎる。

ある意味、これは師の言葉でもあり反面的な意味を持つ教えか。

ある程度の事象は己の行いにより導かれて世に結果を残すこととなる。

今回の一件もまた同じこと。

森羅万象の事柄が我が自身の精神的な習わしにより引き寄せられた現象であると。

目覚めし新たなる力、とはまさに精神を鍛える修行からくるものと言えよう。

人生における最大の目標の一つとして、鋼の心を手に入れるというものが存在する。

これは言うまでもなく、何事にも耐えうるほどの精神を身につける、というものだ。

私はまだその境地に至ってはいない。

いずれ手に入れる力の一つとして、これから再起することになるであろう。

日本の神、大日孁貴神よ。

貴女の存在はあまりにも強大な影響を世に与えている。

その力を我が祈願達成のためにお貸しください。

これより、真の理を持って道を制する。

恐れなど、所詮は己が生み出した幻想。

何も感じる必要性はない、元々は神が与えし光の力。

今 使わずしていつ使用するというのか・・・


文章を書くにしても、筆の置き方が未だによく分からなくてな。



【まさかの最終回!? アッと驚く 究極逆転勝利宣言!】 この病に打ち克ち、必ず天をも掌握するためここへ帰ってくる!

Hさんへ

現在、緊急手術を終えて目を覚ましたところだ。

そう、ここは病院の幹部室(スタッフルーム)と呼ばれる場所らしい。

これからの病状次第で死ぬ可能性もあるために最後にわがままを聞いてもらっている、と言ったところか。

明日の朝までにやりたいことを済ませておけとのことだから十分に更新の時間はある。

そうだな、まだここで死ぬわけにはいかないよな。

これまで生きてきてまだ何も経験していないんだ。

思えば、規制だらけの厳しい家で誰とも遊ぶことが許されなかった。

おかげで見てみろよ。























いねぇんだよ














誰一人といねぇ、誰もお見舞いなんかに来てくれやしねぇぜ。

一応危ない状態ってことは数人にメールで連絡していたんだが、返信すらないし、電話も絶対に取らない。

ここまで無反応だと浮かばれねぇな。

どうせ、こちらの命など どうでもいいんだろうよ。

正直、記事を更新するつもりはなかったわけであるが、あまりに頭にきてね(笑)

このことから、精神的にも辛い状態だが、今更始まったことじゃあない。

同じ病室のババアすら死ね死ね言ってくるんだぜ?


逆に生きて困らせてやろうじゃねぇか!

仮に死んだとしても、悲しむ者はいないだろう。




だがな!

俺はここで弱気になって死ぬようなヤワなゴミクズとは違うんだよ!

必ず、再び蘇ってより強くなって帰ってきてやる。


こんな簡略的なブログ記事を読んでくれる者のためにも死ねないしな。

中途半端に更新が終わると興ざめにもほどがあるだろうさ。

生きてみせるよ。

たとえ、助からない命だとしても無理やり目を覚ます。

目標を達成するまでは死なないと決めたんだ。

これまでずっとしたかったことを制限されていたから生への執着は恐ろしく強大であることは知っているだろう?



イラストも例のデッサン本で練習し始めた時にこれとは酷いよなww

今は腹の方から複数の管が伸びていて血液がドロリ、ドロリと流れて出ているのが分かる。

めちゃくちゃ痛いが、この程度で俺が苦痛に耐え切れず やられるなんてことはないから安心してほしい。

吐血も酷くなってきやがった・・・・・・




実はこれを書いている途中でも度々、咳き込み 血をぶちまけてしまうんだよ。

キーボードがベトベトに変色していく。

スタッフに見つかったら、たぶんその場で殺されるわww


しかし、最後かもしれないだろ?

悔いが残らないように言いたいことは書いておかないとな。

とは言っても特に思いつかなくてこのような文章になってしまったがな。。。



Hさん 最後に、真の強さというものをお見せしよう。

生きる意志は何よりも強く、他の想いに負けないということをこれから証明する。

だから、数週間後には必ず戻ってくる。

この数年間でここまで こちらの相手をしてくれた者は貴方だけだ。

感謝したい。

医師が病状を詳しく教えてくれないのが気がかりだが、たぶん何とかなる。

最初はふざけていた看護師が診断後に、真剣に業務をこなす姿を見て不安になったがなww




情勢は劣勢で、完全に不利な状況。

この現在の血反吐まみれの体を見ても おそらく助かりはしないだろう。

スタッフにバレたらすぐ捕まるはず。

死は目前と言ったところか。

だが、不思議と死ぬ気はしない。

確かな自信があるからだ。

いくら耐え難い窮地でも常に一人で乗り超えてきた俺には他の弱者と違い精神的に余裕がある。

この精神力が他者に劣ることはまずありえない。

だから、ここで死ぬことも考えられない。

・・・そろそろ時間のようだから、しばらくの間はお別れだ。


必ず、この生死の狭間から抜け出し逆転勝利で帰ってくることを約束する!









心機一転 ~激情を制するは静水~

どうやら、昨日までの私は「ムカチャッカファイアー」状態だったようですね。

現在は、通常モードに戻っていますので大丈夫です。

もはや、現実を受け入れるしかないということで、長い間 お説教を受けていました。

この状況を打開するには、やはり小説作品で大賞を得るしかありません。

これはかなり難しいことであり、正直 1名の懸賞に当選することの10~100倍以上の難易度です。

ですが、ここで断念すると永遠にこのような生活が続いてしまいます。

後、30年もすれば、都会へ出る事を許可すると言われましたが、ふざけろとしか思えません。

その頃には私は既に高齢者で何もできない体となっていることでしょう。

人と生活を比べるな!と怒られましたが、どう考えても異常な事態です。

日本で私ほど外の世界を知らない者も他には存在しないはず。

県外へ出た経験がなく、今まで行ったことがある最大の都会が愛媛の松山市です。

あそこまで施設が揃った土地は、日本で3県もないと信じるほどの田舎者。

とても、同級生達の話にはついていけない。

住む世界が、次元が、時空が、空間そのものが違う。

だから、都会は憧れの土地なのです。



しかし、このままでは一生 実家から2km先の職場で働いて孤独に死ぬことになります。

低賃金で、遊びも知らず、誰とも関わらず、楽しみもない場所でひっそりと死ぬ。

これがどれほど無慈悲で残酷な現実か。

抜け出すには、絶対に勝たなければならない。

たとえ、人を殺めることになろうが、私は必ず勝利する必要がある。

どのように汚い手段を使ってでもこの地獄の牢獄から脱出しなければ・・・

取り合えず、冷静になって勝機を待つしかありません。

あらゆる物語を制作し、応募する。

地道な作業ですが、諦めてしまっては死んだも同然。

10年、この10年で勝利できなければ私は死を選びます。

それも、ただでは死ぬつもりはありません。

大規模なテロをお見せして差し上げましょう。


終わりなき、挑戦が始まる。


日替わり気分的BGM
プロフィール

地獄霊獣ぬえ

Author:地獄霊獣ぬえ
ぬえブログ支配人です。
休憩中

うみねこのなく頃に
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
ネコぱら
『ネコぱら』
比那名居天子地震速報部

まよねーず工場
ぶたボット
ぶたボット
らくらく副収入
射命丸文お天気速報部

まよねーず工場
最新記事
アクセスぬえカウンターの気配
アクセスオンラインぬえカウンターの殺陣
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。