クロエ・ルメール 心太  ネプテューヌ ぬえブログ 夢日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢、起動 ~超常現象発生、次元を超えた戦いの物語~

本日の夢の内容を思い出して簡単に記しておきます。
吉川ユリとは何者なのか、急に現れた不思議な人物の一人。

主な登場人物

吉川ユリ

この夢の主人公、いつも悪さばかりしているお騒がせな生徒

ひょんなことから超常現象事件に巻き込まれ次元を超えた戦いへと誘われる。


女子生徒(名称不明)

吉川ユリの親友、黒髪で人が苦手なコミュ症少女


女子生徒2(名称不明)

自分に自信がなくコンプレックスを抱いている生徒

吉川ユリの姿をみてあることでお礼を言われたことから考えが変わっていく


数学教師

ハゲで眼鏡の60代、どこにでもいる男性教諭

ある日、自転車置き場で超常現象を複数の生徒たちと目撃する

これが別次元の使者からのコンタクトだと気づく日は遠い


社会化教師

20代のイケメン若手教師

知的でミステリアスな雰囲気を醸し出している


管理人

ぬえブログ管理人

夢の中では傍観者のようで観測者でもある。

今回の夢では当事者でもあり、吉川ユリと出会い共に事件に巻き込まれていくことになる


子供たち

夢の中に存在する子供たち、一人ひとりが思考を持ち行動している


生徒たち

夢の中に存在する複数の生徒たち、それぞれが思考を持ち行動している

同級生、先輩から先生まで合わせて数百人はいる


施設

地下ゲームセンター

学校内の地下に存在するゲームセンター、社会科教室の近くに設置されている


食堂

食券にて食事を行うことができる

購買部がパンなどを売っていることもあるが、吉川ユリにかっさらわれていくことも多い


自転車置場

今回の夢の中で超常現象が発生した場所


中庭

子供たちが駆けまわっている中庭


物語

プロローグの要約

2014年9月14日、午前1時27分

夢、起動

管理人の脳内で行われる夢の舞台の構築が開始される

この物語の主人公を吉川ユリと認識、又その親友の存在を確認


・気がつけば私は学校の内部に佇んでいた。

・周囲には無数の子供たちの姿がある、ある少女が話しかけてくる。

・どうやら遊びの相手をしてほしいらしい。

・20分ほど付き合い子供と別れる。

・校舎の階段辺りまでくると校内放送が流れる。

「緊急招集、緊急招集、暇な生徒は中庭に集まってください」

・私はなぜか無理やりその場へ招集されることとなった。

・これは子どもの遊ぶ相手をする人物を捕まえるようなものだった。

・食堂へ移動

・吉川ユリが大量のパンを抱えながら走り回っている。

・金銭を払わずに盗みを行い教師に追われているようだった。

・私はその案件で彼女を助けたことから信用されることになる。

・吉川ユリと仲の良い生徒がこちらを怖がっているところ、吉川のアシストにより顔見知りとなる。

・学校生活が始まり数日後、自転車置き場で謎の超常現象が発生する。
 周りには数学教師と複数の生徒たちが存在している
 別の次元から徐々に自転車が姿を姿を現すというものだった。

・数学教師がうろたえながらも生徒たちを教室へ誘導している。

・数時間授業を受けた後、一日の終りに地下の社会科教室で教師の話を聞くことになる。

・この時間が終われば下校、帰りにゲームセンターで遊ぼうと思っていた私であったが、再び事件が発生する。

・校庭に大量の机と椅子が並べられていたのだった・・・・・・

第1章へ続く


スポンサーサイト

大量に人を殺した結果・・・・・・

本日はおかしな夢をみてしまい恐ろしい想いをしました。

何かと言えば、自分の行った一種の動作により大量の人間が死亡するという内容だったからです。

夢の中の光景は実際にどこかに存在する場所であるようにも感じて非常にリアルな世界でした。

詳細を書けば長くなるので短く説明すると、音響の反射により大型のガラスが割れてそれが下にいた人達に降りかかる形となったわけです。

つまりは、吹き抜けの大きなステンドグラスが割れて破片が突き刺さって死亡する者が続出。

その後の展開は暫く罪悪感に襲われながらの目覚めとなり、怖い気分のまま起きました。




あの夢はいったい心の何を反映した鏡だったのか?それは今の精神状態と繋がりがあるのかもしれません。

Dream end~


管理人「看護婦さんが一番近くにいる人物にジャーマン・スープレックスをかけるボタン?w」

ちょうどさっき見た夢があまりに意味不明だったので紹介しておこうと思いましたw

簡潔に説明すれば、場所は病院の受付辺りで人が列になって並んでいるようなところです。

私がなぜそこにいるのかすら不明ですが、手元にはある人物から渡された不思議なボタンが・・・

これを押すと、自分の目の前にいる看護婦さんが一番近くにいる患者にジャーマン・スープレックスをかけるという内容でした。

さっそく、博士から貰ったボタンを試そうと押してみたら、見事に看護婦さんが近くの患者を背後から掴んでジャーマン!www


患者「いってぇ!」

また別の人物にも喰らわせてやろうと思いボタンを押すと、人は多いのに偶然 技をかけられたばかりの患者をもう一度掴んでジャーマンwww

たぶん死んだと思いますが、ボタンを押すことが面白くなりどんどん色々な患者に技をかけてもらいました。

ちなみに、その病院の受付へ並んでいる人物らは懸賞品を受取にきているようで、当選したサイン色紙とか受け取っていたのですが、カオスな光景です。

散々、遊んで満足をした私が帰ろうとすると、目の前に別のツインテールの看護婦さんが立っていて、当選品ですよ☆とか言って色紙を渡してきました。


書かれている文字を見てみると・・・・・・

「そろそろ目を覚ませ@」

と書いていて、後ろを振り返ると先ほど技をかけまくっていたポニーテールの看護婦さんが!

管理人「すとっぷストップ!stop!・・・・・・あ、B(CuP)」

グシャッ!

結局、私もジャーマンの餌食となり、この世界へ帰ってきました。


言葉が思いつかないほどカオスな夢だったなww




夢日記 ~サキュバスに出会った日~

巷では様々なニュースやゲーム情報が公開されていますが、今日はあえて夢についての雑談を書きます。

あまりに印象的で久しぶりに不思議なものだったので。。。

昨日? いや、時間帯的には深夜2時頃だから今日ということになるのか。

浅い眠りに堕ちて暫く夢を見ていました。

そこはとても現実味のある世界観で正直、起きるまではリアルワールドであると認識していたほどです。

だから目が覚めて驚いたと同時に残念な想いをしたわけですが・・・


単刀直入に言うと、夢の中で凄く可愛い娘と出会いました。

まるでコスプレイヤーみたいな風貌なんですが、和風の服に狼のような耳に尻尾を生やした美女です。

夢の中では花火大会で出会い、意気投合して暫く話しこんだ後にまた遊ぼうという展開になって一時別れるような感じでした。

因みにその他のモブの登場人物たちもやけにリアルで本当に存在するのではないか?と思うくらいのリアリティ。

実際にそれぞれの人物が対話や会話をしていて、臨場感があったので現実でなかったことに驚愕する体験でした。

もしかすると、私がよく小説に登場させていたメルト御前だったのかもしれません。

詳しくは2年前の小説記事を参考に、と言いたいところですがメルト御前が主役のストーリーも数日前に削除してしまったので残っていません。

想像上のキャラだけど、似ている有名キャラと言えば、椛(東方project)とか果林(フェアリーフェンサーエフ)を合体させたような、あんな風貌の人間でした。

よく考えると、サキュバスなどの悪魔は理想の人間の姿をして夢に登場して誘惑してくるという話もあるし、あれもその類の一種だったのかもしれない。

しかし夢の中は不思議で、自分の脳が作りだした世界のはずなのに意外な性格をした登場人物たちが出てきたり、それぞれが思考を所有していて、こちらが何かアクションを起こすとそれに対応した反応をしてくるから謎である部分も多い・・・

手で相手に触れてみて、感触も確かで情景も空気も現実味のある場所で、あれが夢と言いきるには勿体ないような気がします。

いったい何を伝えようとしていたのか?

夢は我々に何を見せようとしているのか。

分からない面もまた余興でしょうか・・・・・・


もみじ

↑キュウべぇ?

きっと現実のどこかに存在するに違いない!(願望www)



職場の人に椛のコスプレをお願いしてみよう!(←やめろ馬鹿)


長い悪夢を見ていたような、そんな気がした。だが、外はこんなにも日差しが眩ゆく、綺麗な構造色を魅せてくれる。あれは夢、これは現実。こちらの世界が現し世でよかった。胡蝶の夢でなくて、本当によかった。

恐ろしい夢を見ていた気がする。

全ての畏怖の念が混ざったような、おどろおどろしい心持ちだった・・・


核爆弾により家族を始め、何もかも失った私は旅に出る。

なぜ自分だけ生き残ったのか分からない。

ただただ、燃え盛る道中を不安な気持ちで歩いていく。

しかし、行く先ざきで展開されるのは、更におぞましい光景。

人々が妖怪によりハラワタを裂かれ、無残に喰らいつくされている最中。

見渡す限りに悪臭がたちこめ、目玉や、耳、脳の一部が散乱している。

ちぎれた手足の破片が痛々しく、とても直視できない。

私は願った、どうかここが夢の中でありますように、と。

そうでも思わない限り、精神が保てたものではなかった。

このような怪物を造り出し、日本へ送り込んだのは他の国の軍勢。

バイオハザードのBOWが現実のものとなった世界だった。

私はとにかく、その場から急いで離れようと必死に走る!

だが、足元をすくわれてうまく走ることができない。

恐怖により、完全に震えが止まらない状態で本調子が出せるわけがなかった。。。


体の様子がおかしい、ふと自分の足を見てみると、ズルリとそれはもげ落ちていった。

そして、ついには妖怪のようなおぞましい怪物に見つかり、簡単に首をはねられてしまう。

己の無力さを夢で教えられた瞬間だった。


目が覚めると、そこにはいつも通りの日差しが入り、私を温かく迎えてくれた。

ここが現実でよかった。

もしも、向こう側が本当の世界だったならば、それはとても恐ろしいことなのだから・・・

胡蝶の夢を久方ぶりに思い出した体験であった。


毎日、このようにカオスな夢を見ています。自分が殺される夢ばかりなのは、現在の生活を変えたい願望、なのかもしれません。


日替わり気分的BGM
プロフィール

地獄霊獣ぬえ

Author:地獄霊獣ぬえ
ぬえブログ支配人です。
休憩中

うみねこのなく頃に
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
ネコぱら
『ネコぱら』
比那名居天子地震速報部

まよねーず工場
ぶたボット
ぶたボット
らくらく副収入
射命丸文お天気速報部

まよねーず工場
最新記事
アクセスぬえカウンターの気配
アクセスオンラインぬえカウンターの殺陣
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
78位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。