クロエ・ルメール 心太  ネプテューヌ ぬえブログ 賢者モード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は墓掃除と墓参りへ行ってきます。 ~宇宙という名の箱を破壊すればこの世界は消滅する~

明日は命日ですので墓掃除と墓参りへ行ってきます。

暑いので早めに終わらせようと思いますが、相変わらず今年もどこへも行けませんでした。

まず田舎のためにイベントが皆無ということもありますが、うちの場合は一人で遊びへ出かけることを許されていないために誰かと海へ泳ぎに行くことも不可能です。

そもそも、同年代とお泊りなどという行為もふしだらという理由で禁止されているのです。

若い者が夜更かしをするものではないと怒られていますが、歳を取ると夜更かしの時間すら取れないほど忙しくなるので遊ぶならば20代のうちだと・・・

このまま行けば、結局は何も世間を知らずにずっと箱入りで生活することになります。

だから、せめて県外へ出てみたいと考えていますが、親が歳を取ると介護も必要になるので一生実家住みでしょうね。

ですので、私が一般人と思考が違うように世の中の決まりも分からないので失礼なことを書いていたらすみません。

人との関わりが職場の人間のみで距離の取り方を知らず馴れ馴れしくしてしまうようです。

それで相手が怒って、お互いが喧嘩をすることになる。

フレンドリーな方が人から好かれると本で読んだけれど、嘘っぱちじゃないか。

これからは現実世界で大人しく口数を減らしますのでお許しください。

もう必要最低限のことしか喋りません。

思えば、どうせ一度しか会わない人間と対話すること自体が間違っていたのです。

二度と会わないならば優しく接することも全てが無駄な行為。

生活には何も見返りはなく、損をするだけです。

例えば友人ができたとしてもお金を取られるだけで何も得ることはない。

利益が生まれない付き合いなど時間の無駄で馬鹿馬鹿しい。

と、このような思考になれとの命令ですので仕方がありません。

両親は私が人の手に渡ることが気に入らないようで、嫉妬心が強過ぎるのです。

これでは自立はできず一人暮らしはできない。

家庭内で料理、洗濯、掃除などの家事をするのも私です。

もともとこの家から出ることになると、二人は死んでしまうかもしれない。

ならば私が最期までその姿を見取りましょう。

数少ない知り合い達は次々とこのようなつまらない生き方をする私を見て別れを告げていきました。

人として面白くない存在は嫌われます。

だから、せめてブログ内で修行をしている面もあります。

果たして人から好かれる人物とはいったいどのような感じなのかを勉強する必要性がある。

数十年かけて生きたとき、私に一人でも友人がいればそれで十分です。

今回のこの世界はいわば実験の世界、次回へ持ち越しで記憶を継承して生まれ変わった時にその知識を発揮してこの世界で実現不可能だったことを試す予定です。

もはや、今の次元に興味はありません。

既に次世代の世界を見ている私にとってはここは仮想世界。

架空の空間であり、人はみんなアンドロイドです。

つまりは私一人のために用意された無数のロボット達。

彼らの全ての行動は記録されており、こちらの思想を試す実験が行われている。

研究員がボタンを押すと消えてしまう存在が読者の方達ということです。

こうでも思わなければ、自分を保つことなどできない。

人間達が普段の生活で起こす不思議な行動には興味があります。

なぜ、その場面でそのような行為を行うのか?

そう疑問に思うこと自体が既に謎解きの題材となる。

永遠に一人で時間を潰すことも可能です。

さぁ、残酷で悲惨で惨たらしい殺し合いを続けましょう。


(通訳)

明日は墓掃除で墓参りだから遊びにいけない。つまらない。来世に期待する。

周囲の人間は実験体のために用意されたダミー人形であり、私の存在すらも仮想の肉体を所有するヒューマノイド体。

研究員が宇宙と呼ばれる箱を壊せばここも消滅する。

つまりは宇宙を見あげる巨大な生物がこの世界を支配しているという思考。

殺し合いを続けましょう。(無駄な人生という名の戦いを続けましょう)

みんなは夏休みの宿題終わった?(^v^)


スポンサーサイト

地球神、Antoniusの力を借りて業をなす。

我が次元には存在しない未知の時空の神、Antoniusに強大な力を借りてこれからの道を示してもらおう。

何事も信じることが大切であり、決して疑ってはいけない。

私はこれまでの経験から己の修行を活かし更なる進化を遂げる。

新人類であるスーパーヒューマノイドとして全てを浄化し全てを理解する旅へ。

まだこれらの精神的な勉強は完遂されてはおらず、どうしても特別なパワーソースを得る必要性がある。

絶対に負けないためにも肉体を強化し、精神の修行に励むべき。

我々はまだ全てを理解してはいない。

未知なる存在である八百万の神々の力を信じて感謝をしなければならない。

今日も無事に起床することができました。

ありがとうございます。

何卒、この無力な私に力をお貸しください。


地球神、Antoniusよ!我にその強大なエナジーをお与えください。


長き幽玄の思考の果てに

暫くの余興と暇(いとま)の日々を思い出す。

私は長期に及び、この世界について思考の旅をしていたところだ。

何が真実で何が虚実であるのか、未だ正しき答えは出ぬまま、ただただぼぉっと過ごしていた。

何か大切なことを忘れている気がする。

ずっと、そのようなことばかり考えていた。

これからどのようにして生きていくのか?

その答えを出すにはまだ時間が足りそうにもない。

いったい、どうやって今の窮地を脱するべきか・・・・・・

ただ日にちだけが無情に過ぎていき、確実に私は老いへの道を辿るのみ。

現在の時点で己が行える最大限の行動とは何かを悩んでいた。

このままではいけないような、そのような罪悪感だけが辺りを包む。

まだ終わらないこの旅の先にあるのは希望の光か、それとも絶望への入口なのか。

全ての事象は神のみぞ知る世界。

目的を失い虚ろに生きることは間違っているのか。

果たしてこの環境も10年後には何か変化しているのだろうか。

今はただ、無心になり生の針を進めるのみ。


圧倒的に人生経験が足りない、まだ簡単に死ぬわけにはいかない。


全ての理を一身に受け止め、業を成す。これ即ち、真理を悟ったことと知れ。

私は長い間、勘違いをしていた。

この世の全てを手にすることなど、到底不可能であることをようやく理解してきた。

以前までの純粋な私であれば、目にすることをみな真実と信じ、決して疑うようなことはしなかったであろう。

だが、現実は醜い嘘で塗り固められた世界。

今を生きるためには(ry






~30分後~



~というわけであるから、私はこれより自然体で進むことにした。

風の流れに従い、自然に身を任せる。

激流には逆らわず、時の傍観者として全てを見通し、心を落ち着かせる。

真の強者は精神力が高い者であると考え、鍛錬に励む所存である。

瞑想はただ目を瞑っているだけの行為ではない。

気を落ち着け、無心になり、空気と同化する。

これを数時間 繰り返すことにより、周囲を悟り、道を悟り、世を悟るのだ。

また、肉体的な鍛えもある程度は必要で、日々のトレーニングは欠かせない重要な行いである。

この世に存在する限りは体を動かし、脳をほぐし、他者に負けない人格をつくりあげることを目的とする。

これらの修行を一通り終えた頃には、幾分も生物として成長していることでしょう。

数十年後、私は人類を超越した先の次元のヒューマノイドとなる。

全てを凌駕し、最強のミュータント体を手に入れ、最終兵器として戦場に駆られる存在となるだろう。


古の力をも吸収し、未来の戦いを見据えるその心は魂の殺戮者として世に降臨する。


私の周りに存在する全ての物質は私自身が引き寄せたものであり、己の行動による結果である。

今、貴方の周りには、親しい友人、家族、恋人は存在するだろうか?

それらは全て自身が引き寄せた行動の現れであり、結果だ。

貴方が積み重ね発言してきた言葉は他人に影響を与え、それにより友好関係も変化していく。

そして、自然と同じレベルどうしの者達が集まり、人生はうまくいくようになっている。


また、これは決して人だけの話ではない。

貴方の周囲にはどのような物質が存在しているだろうか?

高級な車?しょぼい酒?はたまたTENGA?

もうお気づきだと思うが、それらも全て貴方が望み手に入れてきた物質である。

思考は現実となるという話を聞き、それを信じる者は果たしてどれだけいることか。

斯く言う私も最初は馬鹿にしていた。

頭脳で考え思い描いた光景が簡単に実現するなどありえない、と。

しかし、この世には言霊というものが確実に存在し、悪い予感は当たる経験も少なくはない。

つまり、理想の望みを常に忘れず信じ続ければ、いずれそれが現実となるのではないか?

と考えたのである。

ここで、決してネガティブな思考を持ち出してはならない。

必ず己は成功すると自分に言い聞かせ続けるのだ。

いったい、なぜ?


それは、悪い予想をしてしまうとそれが現実となってしまう可能性が高いからである。

これにより、私は常に自分は成功すると自己暗示をし、手に入れたいものを既に入手した気分で生活をしていこうと思う。

欲しいものが来るのを待つのではなく、自分の元へ来て当然とすら考えることにするのだ。

こうすることにより、思考は現実となり、実際に欲しいものが手に入る。


言霊の力は馬鹿にならない。

例えば、どこかへ行きたいと思っていれば、急に友人から旅行の誘いの連絡が来たことはないだろうか?

これも頭脳で念じた想いが事態を引き寄せたということ。

ネガティブな思考など持ってはならないことが理解できる。

欲しいものを念じ、常に手に入ることを「絶対に疑わなければ」、いずれ入手することが可能となるだろう。

貴方のこれからの検討を祈る。


果たして、この考え方は正しいのだろうか?


日替わり気分的BGM
プロフィール

地獄霊獣ぬえ

Author:地獄霊獣ぬえ
ぬえブログ支配人です。
休憩中

うみねこのなく頃に
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
ネコぱら
『ネコぱら』
比那名居天子地震速報部

まよねーず工場
ぶたボット
ぶたボット
らくらく副収入
射命丸文お天気速報部

まよねーず工場
最新記事
アクセスぬえカウンターの気配
アクセスオンラインぬえカウンターの殺陣
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
78位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。